至極の香り
秋も、もうまもなく終わりを告げようとしている今日この頃。
朝の寒さがより一層強くなって参りました。
急激な気温の変化に体調を崩される方も多くなるこの時期。
皆様、体調管理には十分お気をつけ下さいませ。
 さて、今回ご紹介するブログですが、少し趣向を変えて、福山でしか売っていない限定商品について書かせていただきます。
 私がその第1弾として選んだ物、それは駅弁です。
 なぜ、これを選んだかといいますと、やはり私共のホテルがビジネスホテルだからです。
 北は北海道から南は九州、沖縄まで、津々浦々のビジネスマンがここ福山にお越しになります。
 来福されるまでの道のりが長ければ長いほど仕事が終わり、帰路に着くまでの間に1度は車内で食事を召し上がる方が少なからずいらっしゃると思ったからです。
 そこで、当地(福山駅)にしか販売していない限定のお弁当をいくつか紹介する事で、少しでもおいしい食事を召し上がっていただき、ひと時の有意義な車内での過ごし方をしていただこうと考えたからです。。
 さて、長々と脱線してしまいましたが、本題に入ります。
 私が選んだ1品目は、タイトルにもなりました。
 【至極の香り】秋の至極の香りといえば、やはり松茸ではないでしょうか? 近年松茸の生産本数が減っているという報道がございましたが、広島の松茸は今でも有名な特産物の1つでございます。 その松茸をスライス状にし、ふんだんに盛りつけられたこの釜飯は、まさに秋の王様の名にふさわしい一品ではないでしょうか?
 
                【松茸釜飯】
              価格  1,000円
次にご紹介する駅弁は、我が福山市の市花の「ばら」をモチーフにしたちらし寿司。
その名も、 【福山ばら寿司】
カラフルに彩られた食材が織り成す見た目の美しさは、まさに「ばら」のように色鮮やかな感じをかもしだしています。また、見栄えだけでなく、小鯛の花びらとイクラの花粉が構成するバラが中心に鎮座しており、その周囲には錦糸玉子や細切りの煮穴子など豪勢な盛り付けを味の面でも裏切ることはなく、完成度がかなり高い一品となっております。  


                 【福山ばら寿司】
                 価格 1,000円
 この他にも福山限定駅弁は多数、存在いたしております。
 機会がございましたら、第2弾を行いたいと思います。

                          【担当・三谷】