姫谷焼 -備後に花開いた初期色絵磁器-

姫谷焼は江戸前期の広島県福山市の磁器窯。

窯は1600年代後半頃、有田焼の技法を導入して市右衛門
よって創業されたと言われておりまして、
白磁は皿が多く、清楚な文様があるのが特徴で、
古九谷焼、古伊万里焼とともに備後に花開いた日本の初期
色絵磁器
の一つです。

窯跡は、福山市加茂町百合にあるそうです。

◆開催期間 2008年4月25日(金)〜6月8日(日)
◆開館時間 9時〜17時
◆休刊日  月曜日(5月5日(月)は開館)
◆入館料  一般290円(220円)・大学生210円(160円)
        高校生まで無料
        ※(   )は20名以上の団体
◆開催場所 広島県立歴史博物館
        720-0067  広島県福山市西町2-4-1
        TEL  084-931-2513
                                              
                                                                     【担当 佐藤】