山本容子のワンダーランド
山本容子は1970年代後半から高い評価を得ていまし
たが、吉本ばななの『TUGUMI』(1989年)の装丁の原
画を制作し、大ベストセラーとなることによって、銅版画
家にとどまらない人気を博すことになりました。
 繊細な線や都会的な色彩によって、人間の悲喜劇を
描き出す山本の銅版画は、そこはかとないユーモアや
ペーソスが漂い、世代を超えて多くの人々を魅了するの
です。
  本展では、デビュー当時の銅版画から、
最近の「不思議の国のアリス」、「himegimi@heian平
安の姫君」など時を超えた少女をテーマにしたシリーズ
版画、立体作品《牛の記憶》、ステンドグラス、油彩画ま
で、約180点を展示いたします。
 山本容子の楽しいワンダーランドに迷い込んでみませ
んか。
(ふくやま美術館ホームページより抜粋)

開催期間 2009年12月19日(土)〜2010年3月7日(日)
       初日の19日11時〜12時 サイン会など様々
       なイベントあり。
       (ふくやま美術館ホームページ参照)
     
休館日  月曜日
       但し、1月11日(月)は開館、1月12日(火)は休館
       年末年始は12月28日(月)〜1月4日(月)まで休館      
       
場所    ふくやま美術館 9時30分〜17時

観覧料  一般900円(700円)高校生以下無料
      ( )内は前売り、または20名以上の団体料金