〜掘り出せ!旬の福〜 福山うずみごはん

 福山食ブランド創出市民会議(代表 深町哲 全日本司厨士協会中国地方本部福山支部長)は、本日 福山市長に「福山の食ブランド創出に関する提言書」を提出し、キャッチコピー「福山うずみごはん」として食ブランド料理の創設を提言しました。
 私はこの市民会議メンバーとして一年間、他の委員とともに食ブランドの創出の議論に加わっていました。

 「うずみごはん」は江戸時代、福山初代藩主 水野勝成公の倹約令により、ぜいたく品とされた鶏肉やえびなどの具を、ごはんの下に埋めて食べたのが始まりと言われます。山陰地方 津和野にも「うずめ飯」があるなど「埋める食文化」は現在も 各地で伝承されています。
 当地方では主に秋の収穫を祝う料理として、各所で食べられていますが、家族のきずなを結ぶ伝統料理として家々に伝わっています。

 現在 福山市内では42店舗で「うずみごはん」が提供されています。「鯛うずみ」「伝統うずみ」「創作うずみ」などいろいろなバリエーションがあります。私は、一椀で3度味わいが変わる「うずみごはん」を食べて、感動した事があります。
 ホテルのフロントでは、「うずみごはん」を食べられるお店をご紹介いたします。福山にお越しになった時は、一度これを召し上がってみてはいかがでしょうか? これまでに味わったことがない感動を体験してしていただけるかもしれません。

社長 三谷



至極の香り
秋も、もうまもなく終わりを告げようとしている今日この頃。
朝の寒さがより一層強くなって参りました。
急激な気温の変化に体調を崩される方も多くなるこの時期。
皆様、体調管理には十分お気をつけ下さいませ。
 さて、今回ご紹介するブログですが、少し趣向を変えて、福山でしか売っていない限定商品について書かせていただきます。
 私がその第1弾として選んだ物、それは駅弁です。
 なぜ、これを選んだかといいますと、やはり私共のホテルがビジネスホテルだからです。
 北は北海道から南は九州、沖縄まで、津々浦々のビジネスマンがここ福山にお越しになります。
 来福されるまでの道のりが長ければ長いほど仕事が終わり、帰路に着くまでの間に1度は車内で食事を召し上がる方が少なからずいらっしゃると思ったからです。
 そこで、当地(福山駅)にしか販売していない限定のお弁当をいくつか紹介する事で、少しでもおいしい食事を召し上がっていただき、ひと時の有意義な車内での過ごし方をしていただこうと考えたからです。。
 さて、長々と脱線してしまいましたが、本題に入ります。
 私が選んだ1品目は、タイトルにもなりました。
 【至極の香り】秋の至極の香りといえば、やはり松茸ではないでしょうか? 近年松茸の生産本数が減っているという報道がございましたが、広島の松茸は今でも有名な特産物の1つでございます。 その松茸をスライス状にし、ふんだんに盛りつけられたこの釜飯は、まさに秋の王様の名にふさわしい一品ではないでしょうか?
 
                【松茸釜飯】
              価格  1,000円
次にご紹介する駅弁は、我が福山市の市花の「ばら」をモチーフにしたちらし寿司。
その名も、 【福山ばら寿司】
カラフルに彩られた食材が織り成す見た目の美しさは、まさに「ばら」のように色鮮やかな感じをかもしだしています。また、見栄えだけでなく、小鯛の花びらとイクラの花粉が構成するバラが中心に鎮座しており、その周囲には錦糸玉子や細切りの煮穴子など豪勢な盛り付けを味の面でも裏切ることはなく、完成度がかなり高い一品となっております。  


                 【福山ばら寿司】
                 価格 1,000円
 この他にも福山限定駅弁は多数、存在いたしております。
 機会がございましたら、第2弾を行いたいと思います。

                          【担当・三谷】

瀬戸のお魚・焼き鳥を食べるならココ!!

         【 おてもやん外観 】
         【 スペアーリブ 】
 福山にお越しになられたらまず、瀬戸内海で獲れる 活き(粋)のよいお魚を召し上がっていただきたいとこ ろです。  そこでまずご紹介差し上げたいのが、瀬戸の小魚 と焼き鳥のおてもやんです。 ここでは、旬のお魚・焼き鳥が美味しく、どのメニュー をご注文されてもハズレはございません。 ★旬のお魚 例 天竺鯛(ねぶと)・ヒイラギ(ギギ)・サヨリ・ハゼ・ 小フグ・イワシ・キスなどが美味しく、特に太刀魚の 刺身は絶品です!! 個人的にオススメしたいのがこちらの人気メニュースペア ーリブです。絶妙な歯ごたえとそれと同時にあふれ出てく る肉汁が絶品です。ぜひ、一度お試し下さい。  また、お酒・焼酎は種類が豊富で、ビールでは黒ビー ルとビールのハーフ&ハーフが個人的には気に入って ます!!  また、おてもやん情報第2弾をご報告致しますのでお 楽しみに!! おてもやんに行かれる際は『ローズガーデンホテルの 紹介』と仰ってください。            お店情報  【瀬戸の小魚と焼き鳥のおてもやん】        福山市霞町3−2−1 TEL (084)926-0578                                                         営業時間 15時〜23時 【休日】日・祭日                                        【担当 佐藤】