島田 荘司展供船潺好謄蝓爾箸蓮限りなく脳の小説である〜
 突然ですが、【島田 荘司】という人物をご存知でしょうか?
  言わずと知れた新本格推理小説の大御所。
  推理小説をご覧になられる方なら、1度は島田荘司氏の作品を読まれた事があるのではないでしょうか。
  私も学生時代、島田荘司氏の処女作にして江戸川乱歩賞候補にもなりました「占星術殺人事件」を愛読していた経験がございます。
  また島田荘司氏は、ここ福山市出身でございます。
 郷土を愛する島田荘司氏は、今年から市が主催する 「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」の1人選考委員も務めております。

 そんな島田荘司氏の描くミステリー作品を、最新作を中心として様々な資料を展示するとともに,担当編集者による作家・島田荘司という作家の人物像に迫る内容の展示会が【ふくやま文学館】にて開催されます。

 愛読者の方もそうでない方も、お時間に余裕がございましたら展観されるのも一興かと存じます。

ふくやま文学館 【島田 荘司展供船潺好謄蝓爾箸蓮限りなく脳の小説である〜】 
開催期間   9月14日(金)〜11月25日(日)  
観 覧 料  一般 500円、中高生 300円、小学生 200円
入 館 料   常設展のみ 一般 300円(高校生以下無料)
交    通   JR福山駅北口〜徒歩8分
          山陽自動車道福山東ICから車20分
時    間   9時〜17時(入館時間の最終は16時30分まで)
休 館 日   月曜日(祝・休日の場合は翌日)
問い合わせ   TEL 084-932-7010 
          担当 三谷