福山夏祭り 〜二上がり踊り〜

毎年お盆の8月13・14・15日の3日間、
福山駅前大通り・久松通りで行われる
「福山夏祭り」の初日の8/13日(水)
踊られており、地元の二上がり踊り保存
会の方々や、企業や各町内会などよりエ
ントリーし、福山駅前を歩く姿は何とも楽し
げで、
8/15(金)に行われる芦田川花火大会と併
せまして福山の夏の代名詞となっております。
(1961年4月18日、県の無形文化財に指定。)

二上がり踊り 
を参考までにご説明さしあげますと、

地方の奏でる三味線の二上がりを基調に、胡弓
の三下り、尺八の合奏にあわせて、
ステップの度に四つ竹で拍子をとりながら踊る。 
格好は、頭に男は鉢巻は手拭で包み、手に四つ
竹を持ち、浴衣の裾をまくり、白足袋に草履を履く。
 みずから踊って楽しむ事が目的であるため、基本
のステップ以外は組によりおのおの独自の形で踊
られている。

起源は定かでないが、二上り流行時期から文化文
政時代(1790年代から1830年代)、江戸詰の備後
福山藩士によって江戸から伝わってきたと一般には
言われている。
 当初は、頭に折笠・頬かむりをし手にうちわを持ち、
唄がなく、基調の二上がりと胡弓の奏でる気品と哀調
を含んだ独特のリズムにあわせ、武士や領民が三々
五々組を作っておもいおもい踊り歩いたと言われて
いる。

年々踊り手によりアレンジが加えられ、かぶりものも
鉢巻や手拭にとって代り、地方に鉦・太鼓を加えられ、
昭和3年(1928年)以降うちわから四つ竹に代えて使
われている。最近では、一部でよさこい風にアレンジさ
れたりしている。

◆参考資料 「福山の民俗芸能」福山市教育委員会編

福山夏まつり2008

〇二上がり踊り大会
■開催日 8月13日(水) 18時20分〜
■場所  福山駅前大通り他
〇サマーナイトふれあいフェスタ
■開催日 8月14日(木) 12時〜21時
■場所  福山駅前大通り他
〇花火大会
■開催日 8月15日(金) 19時30分〜20時45分
 (※荒天の場合、翌16日(土)順延)
■場所  芦田川大橋上流


                             【担当 佐藤】